コース一覧に戻る

[Bコース] 所要時間 約3時間

札幌市内お好みの場所へ。オプションコース

ルート概要

市内ホテル
札幌時計台
大通公園
道庁赤レンガ庁舎
リストから選択
市内ホテル
SPOT1

札幌時計台

毎正時に鳴る鐘の音が街に時を告げ、札幌の発展を見守り続ける 歴史的建造物

北海道大学の前身である札幌農学校の演武場として、初代教頭のクラーク博士の構想に基づき1878(明治11)年に建設。1階展示室では色の移り変わりや大火に遭った際のエピソードなど、時計台にまつわる歴史を展示。2階では再現された演武場の歴史的な雰囲気を体感しながら、実際に時計台で使われているものと同じハワード社の時計機械を見学できる。

SPOT2

大通公園

散歩にランチと札幌市民が憩う公園。木々と花壇、イベントで四季を知る

ライラックやハルニレなど92種、約4,700本の木々に囲まれたオフィス街のオアシス。芝生や噴水の周りでは、観光客も市民も思い思いに寛いでいる。

SPOT3

北海道庁旧本庁舎(赤レンガ)

外壁の赤い星が開拓使のシンボル、北海道の象徴といえばこの建物

札幌の北3条通から西方面を望むと、突き当たりに堂々とした姿の北海道庁旧本庁舎が見える。「赤れんが庁舎」の愛称で知られる煉瓦づくりの建物だ。現在使われている新庁舎ができるまで約80年に渡って道政を担った旧本庁舎は、1888年(明治21年)に建てられたアメリカ風ネオ・バロック様式の建築。

SPOT4

オプション(下記より選択)
※どこも市内より30分ほどの距離にあります。

●幌見峠ラベンダー園

●ローズガーデンクライシス協会

●白い恋人パーク
「白い恋人」の製造工程を見学できるお菓子のテーマパーク

札幌を代表する銘菓「白い恋人」の製造工程を見学できるファクトリーウォークや、ハート型の約14cmの「白い恋人」が作れるお菓子作り体験工房、チョコレートの歴史やアンティークのカップの展示など、見どころ盛りだくさんの施設。

●大倉山
標高307mから眺める大パノラマと、ジャンプスタート地点の急勾配を体感

大倉財閥二代目総帥、ホテルオークラ創業者でもある大倉喜七郎男爵が札幌市に寄贈したことから、1932年の開場時に「大倉シャンツェ」と命名されたジャンプ競技場。冬は辺り一面が雪で覆われた“真っ白”な景色を楽しめ、競技がない日にはスタート地点裏にある「展望ラウンジ」からジャンパーの目線を疑似体験できる。

●羊ヶ丘展望台
観光客のためにつくられた観光名所。羊ヶ丘とクラーク博士の意外な共通点

羊ヶ丘展望台には、「少年よ、大志を抱け!」で有名なクラーク博士像が立つ。札幌市街地を見渡せ、羊が草を食む牧歌的風景は全国的な知名度を誇る。

観光コースのご予約はこちらから